<< 宇宙少女の夢かなった 「銀河鉄道」あこがれ胸に、山崎さん出発(産経新聞) | main | 認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


木落とし 急坂に熱狂 諏訪大社(毎日新聞)

 6年(数えで7年)に1度開かれる諏訪大社の御柱祭は9日、下社の「山出し祭」が長野県下諏訪町で始まった。氏子たちが長さ約18メートルの御柱に乗って急坂を滑り降りる「木落とし」があり、約7万6000人(観光連盟発表)の観衆を熱狂させた。

 下社山出し祭では、切り出したモミの大木8本を氏子たちが里まで曳(ひ)く。途中にある最難所「木落とし坂」は最大斜度35度、高低差32メートル、長さ約100メートル。氏子は坂の下まで御柱に乗り通すことが名誉とされ、毎回のように負傷者が出ている。この日は3本の木落としがあり、10日に2本、11日に3本行われる。【武田博仁】

【関連ニュース】
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:よいさっ!熱気に包まれ 6年ぶり開幕−−長野
ピーピングしのすけのふしあなから世間:諏訪御柱祭を体験=立川志の輔 /東京
御柱祭2010:あすから下社山出し 豪快な「木落とし」3日間−−下諏訪 /長野

ポーランド大統領事故死 「追悼70年の旅」悲劇 選挙繰り上げ実施(産経新聞)
ノーベル賞下村さん、母校にメダル=「元気を出して」とレプリカ展示−長崎大(時事通信)
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」(産経新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ−国交省(時事通信)
米大使、実務者協議に難色=開始のめど立たず−普天間(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • 11:18
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック